隆興丸

RYUKO MARU

RYUKO MARU

隆興丸

全長(Lengh:):97.8m
全幅(Beam):13.7m
総トン数(Tons):2764トン
水深(Depth):15-30m
海軍徴用輸送艦(TypeC Cargo Ship)

ショップから5分程の場所、パラオパシフィックリゾートホテルの南に沈みます。
同じくパラオに沈む「てしお丸」と同型船で船体中央にエンジンルームのが特徴です。
残念ながらエンジンは見る事が出来ません。

正座状態で沈む船体は、中央右舷側に大きな被弾痕を見る事が出来ます。
内部侵入可能な場所が多いのも特徴の一つです。
ブリッジ最上部には機銃を見る事が出来ます。
パラオに来る前は大船団を組みチュークに停泊しておりました。
チューク停泊中、アメリカ軍からの激しい攻撃を受けましたが
激しい銃弾を掻い潜り、多くの漂流した兵士を救助しチュークを脱出。
その後パラオへとやってきたとの事です。

single-image
single-image

ブリッジ

single-image

ペネトレーション

single-image

床板

single-image

船首

single-image

船体中央部分

single-image

船内風景

single-image

船尾デッキ

single-image

調理場

single-image

機銃