佐多

SATA

SATA

佐多

全長(Lengh:):143.25m
全幅(Beam):17.68m
総トン数(Tons):14,050トン
水深(Depth):20-40m
給油艦 知床型 (SHIRETOKO-GATA OIL TANKER)

パラオで最も有名なWRECK 、「石廊」の姉妹船です。

ウルクタープル島の西側に上下反転した状態で沈んでいます。
パラオ大空襲の際に沈められました。
後部左舷側に1ヶ所、中央部船底に1ヶ所 計2ヶ所大きく穴が開いています。

後部左舷側の損傷は魚雷が直撃し出来たもので
中央部の穴は船体をかすめた投下型爆弾が船体の真下で爆発し出来たものです。
投下された爆弾が900㌔爆弾だった為、直撃はしなくとも大きな損傷となりました。
その爆撃痕より船内への侵入が可能ですが、TECレベルでのアプローチをお勧めします。

佐多・石廊がマラカル湾内から外れて停泊しているのは多くの燃料を積載していた為、火災等のアクシデントがあった場合の二次災害を最小限に留めるためと言われております。

佐多・石廊は隣同士に沈んでいる事から当初はどちらが佐多で、どちらが石廊か、区別がついていませんでした。
しかし、船内から佐多と刻印されたベルが発見されたことより上下反転している方が佐多と呼ぶようになったと言われております。

single-image
single-image

-船首側-
爆撃痕より内部へ

single-image

-船首側-
爆撃痕

single-image

プロペラ

single-image

配電盤

single-image

圧力計

single-image

船底